HomeCategory教育内容

YANO塾のこだわり−生徒の一番弱いところを引き上げ、よいところは伸ばす

sample

目標をしっかり決めさせる

 まずYANO塾では生徒の自主性を大切にします。宿題も学校の学習に関する問題点もつぶさにチェックし、今最も必要な学習を塾でしてもらいます。個別指導が中心ですから、生徒のほうも自分の学習でひっかかるところはすぐに先生に質問して解決できますし、指導するほうも、生徒一人ひとりの課題を決めて、それを一人ひとりの進み方で教えて言います。 また、将来の受験校を決めることのお手伝いもします。塾では受験に関する情報をたくさん持っていますので、十分なアドバイスを一人ひとりにしております。



小学校低学年(小学3・4年生)

sample

 小学校の宿題は漢字ドリルと算数ドリルのみ。これでは応用力がつきません。特に文章題に対する力は3,4年からぐんとついてきます。ですから、基礎学力だけでなく、落ち着いて長い文章を読めるシステムを授業の中で実践しています。また授業中に読書に対する指導もしていますので、半年から1年をかけて子供たちが読書好きの子供になっていきます。文章をまとめる力も同時に指導していますので、「YANO塾に入塾させてよかったです。子供がとても本好きになりました。」とお母様方から好評です。漢字検定にも1年に二度チャレンジしてもらい、語彙力アップを図っています。

小学校高学年(小学5〜6年生)一般クラスと中学受験クラスがあります

中学受験を受けるか、地元校に進むかの選択をする学年です。

sample

中学受験が一般化してきました。また公立中高一貫校も高倍率を維持しています。中高一貫教育によるレベルの高い教育を求めて、少子化にもかかわらず、中高一貫の中学への人気がますます上昇。中学受験がいっそう人気化しています。。YANO塾では私学受験と中高一貫校に受験する生徒のためのカリキュラムがあり、授業時間3時間を週3回で対応しています。科目は算数・国語・理科・作文を個別指導で指導しています。少人数で一人ひとりの学力の伸びを見ながら難しい問題をわかりやすく説明するので、ぐんぐん力をつけています。毎年合格者を輩出しています。

中学部(中学1〜3年生)一般クラスとハイレベル私学・公立進学コースがあります

 和歌山ではハイレベルな高校はますます狭き門になっているのをご存知ですか?公立高の学区制が廃止され、高校間の格差がますます開いていきます。上位の人でも安心はできません。内申書と受験当日の5教科のテストの合計で合否が決まります。一方私立は英・数・国の3教科です。ハイレベルな問題が出題されますが、基礎もおろそかにできません。最近の傾向として、私立は併願は難しいですが、専願は易しくなってきています。

高校部(高校1〜3年生) 国公立進学コース  医療系大学
専門学校進学コースがあります

sample

進路をしっかり考えた上での大学受験


大学進学後に求められる理系・文系をこえた総合力が大切です!いまや、少子化で大学全入時代といわれる昨今、 誰でも入学できる大学も多くなりました。また推薦制度も増え、 力が無いまま大学に進学する生徒が増えました。このような学生はいざ就職となった場合、 高いレベルの大学生と競争したとき就職がなかなか決まらない、思ったところに就職できないといった事態が現におきています。
 レベルの高い大学の入試が簡単になることはありません。国立大の大半はセンター試験において5教科7科目型の入試を実施。一部の上位私大も入試科目を増やしています。経済学部といっても数学ができるとできないとでは就職にも差が出てしまいます。実際、国公立でセンターの数学をきちんと勉強した学生が、大手の企業では評判がよく就職の際に有利になる時代です。
 YANO塾では国公立進学に軸をすえて、指導する中、私立大学にも対応しています。
 学校の定期テスト対策で化学・物理や現代文・古典も塾で教えています。入塾1年経って、学校内で実施している模試の偏差値が10ポイントも上げる生徒もいます。成績を伸ばしたい人はぜひお問合せください。

ページトップへ

yanojuku.com MENU